ソイエ パナソニックの脱毛器

脱毛後の日焼けに注意する理由とは?肌荒れ注意?

日焼けすると脱毛効果が出にくくなるというのは有名な話ですが、
エステサロンでは、光脱毛やレーザー脱毛施術をした後にも、
日焼けは避けるようにしてくださいと言われますよね。

 

終わったのだから、後は肌ケアをするだけでいいような気がするのですが、
脱毛施術の後にも日焼けしてはいけないのは、どうしてなのでしょうか。

 

光脱毛やレーザー脱毛をした場合のリスクとして、
脱毛後に日焼けをする事で肌がやけど状態に陥り、皮膚内部で大量のメラニンが作り出され、
その結果炎症性色素沈着が起こるとされています。

 

具体的にどういうことなのかというと、脱毛後にもしも大量の紫外線を浴びてしまった場合、
脱毛した部分に刺激を与えることでメラニンが急激に増え、
施術を行った肌の部分が薄黒くなってしまうのです。
症状がひどい場合は色素沈着だけでなく、毛穴が炎症を起こしてしまうこともあります。

 

もしも、ひどい日焼けをして炎症を起こしたり痛みが出てしまった場合は、
皮膚科にいって治療してもらうようにしましょう。

 

日焼け後の色素沈着は、エステの美白コースなどを受けてもなかなか治すことが難しく、
場合によっては元の状態の肌に戻すのに数年かかることもあります。

 

せっかくエステサロンで脱毛して、ムダ毛のないキレイな肌を手に入れたはずが、
日焼けをしたせいで、ずっと黒く跡が残ってしまうなんて悲しいですよね。
そうならないためにも、脱毛施術後は日焼け止めなどをぬり、
長袖や日傘などの紫外線対策をしっかりとするようにしましょう。

 

 

除毛と脱毛の違いとは何?

 

脱毛サロンやクリニックで言われる『脱毛』は、永久的な脱毛、
ムダ毛が生えない状態を目指すための脱毛というのが一般的です。

 

ピンセットなどで、ムダ毛を抜いても脱毛でしょ?という方もいますが、
それはムダ毛を、ただ抜いただけで、またムダ毛が生えてきます。
一時的なムダ毛処理を除毛と呼ぶこともあります。

 

両者の大きな違いは、またムダ毛が生えてくるか?もう生えてこないか?と言えます。

 

除毛はスピーディに目に見える無駄毛を、処理してしまい、
一時的に、キレイな肌にすることができますが、何日か経つだけで、
またムダ毛が生えてきますので、また除毛しなければいけません。

 

一方脱毛の方は、脱毛サロンやクリニックで、施術を繰り返し受けることで、
少しずつムダ毛が生えなくなり、やがては薄くなりムダ毛が生えない状態にまでなります。

 

脱毛が完了してしまえば、その後はムダ毛を処理する必要が無くなりますので、
生活はだいぶ快適になりますよね。

 

除毛の方は、いつまで経っても自己処理が必要で、まったく生活は楽になりません。
これは多きな違いですよね。

 

『自己処理をしない』ということは、
その分肌に刺激を与えないで済むということにも繋がります。

 

なので脱毛を完了してしまえば、
自己処理による肌荒れや、埋没毛に悩まされることも無くなります。

 

その脱毛サロンでの脱毛と同じような脱毛は、
家庭用脱毛器を使って、自宅でも行うことができるってしってました。

 

フラッシュ式の脱毛器『ケノン』を使うことで、
脱毛サロンで脱毛したような、つるつるお肌を目指して脱毛をしていくことができます。

痛いけどソイエの使い方が間違ってる?

お風呂場で泡で抜くと痛くないという方もいますが、
考えてみてください、毛を普通につかんで抜いたら痛いですね。

 

毛の生えている方向に向かって引っ張れば多少痛みはマシかもしれませんが、
それでも、痛いものは痛い。

 

ましてソイエは、肌の上で転がしていれば、『痛い』っていっても、
毛並みの方向とローラーのベクトルが違っていようが、
無表情でムダ毛を引きぬいてくれますので、痛いのはしかたないです。
使い方をある程度工夫しても、痛いのは痛いです。

 

また痛いだけなら、まだ良いのですが、ムダ毛を引きぬいた結果、
埋没毛が増えてしまったというかたも少なくありません。

 

それでなくなく、美容クリニックへレーザー脱毛の施術を受けに
通い始めたという方もいます。

 

一見ムダ毛処理が楽になるようにも思えますが、
ムダ毛が無くなるのも一時的ですし、それ以外のデメリットも大きいです。

 

家庭で、自分で脱毛をしたいと考えるなら、
ケノンなどのフラッシュタイプの脱毛器が良いです。

 

脱毛サロンで使われるようなマシンと同様のフラッシュ式の脱毛器は、
光の照射によって、ムダ毛ダメージを与えてくれます。

 

ただそれほど強い光ではないので、安全性は高いですが、
脱毛効果の部分については、もう一つといったところかもしれませんね。

 

でも、家庭で使える脱毛器としては、
ケノンはトップクラスの機能性、コストパフォーマンスを誇りますので、
家庭用脱毛器の購入で迷うのであれば、ケノンがおすすめです。

脱毛テープなら肌に良いの?

もし家庭用脱毛器でただ毛を抜くだけの無駄毛処理しかしないという方は、
痛みが一瞬で終わるという意味では、脱毛テープの方がマシといった感じです。

 

脱毛テープは一度に広範囲の無駄毛を効率良く、取り除くことができますので、
一本一本つかんで抜いていく家庭用の脱毛器に比べると肌には負担が少ないかもしれません。

 

しかし、肌に良いか?といえば良いということはないですね。

 

また脱毛テープも無駄毛を抜くだけですので、
抜くだけの機能しかない家庭用脱毛器と比べればというレベルで、また無駄毛が生えてきます。

 

脱毛テープを使って、脱毛したからといって、
もう二度と生えてこないということはなく、普通にまた無駄毛が伸びてきます。

 

毛を抜く自己処理ですので、ある程度埋没毛も覚悟しなければ、
いけませんね。埋没毛になってしまうと、お肌にも良くはないです。

 

なので、できるだけ、毛を抜く系の自己処理をしないで済むのであれば、
したくありませんね。

 

結果的に肌に優しい脱毛となるのは、脱毛サロンやクリニックでの脱毛になります。

 

脱毛サロンで施術を受けた無駄毛、毛根部分にダメージを与えますので、
施術を受けるたびに無駄毛が伸びなくなります。それでも何回かは施術を受ける必要がありますけどね。

 

ただ無駄毛生えなくなってくれば、過度な自己処理もする必要がなくなり、
日々のお肌への刺激も少なくなりますので、健康的な状態のお肌をキープすることができるようになります。

 

ムダ毛の処理後のクリームは必須!?

家庭用の脱毛器を使って、肌が真っ赤になってしまったとか、
赤いブツブツができてしまった、肌がガサガサになったなどの肌トラブルは良くあることですね。

 

毛を抜くタイプの脱毛器の場合、機械がムダ毛しっかりと掴んで、
無理やりひっこ抜いていますので、肌へのダメージは大きいです。

 

家庭用脱毛器を使用してムダ毛を処理した後、肌がダメージを受けてしまっていますので、
クリームなどでしっかりと保湿をしてあげるのが良いです。

 

クリームで保湿してあげないと肌が乾燥してしまったり、
肌が荒れてしまったりということがあります。

 

ムダ毛処理のために剃った後も同じようにクリームやローションで、
しっかりと保湿してあげたいですね。

 

また抜いたり、剃ったりのムダ毛処理ではなく、
フラッシュ脱毛器でのムダ毛処理の場合は、脱毛器で照射を始める前に、
まずはお肌をクールダウンさせてから、ムダ毛処理をスタートしたいです。

 

基本的に家庭用のフラッシュ式の脱毛器は、肌への影響が少ないと言われていますが、
もちろん照射が終わった後も、しっかりと保湿系のクリームやローションを塗布して、
肌の乾燥を防ぎたいです。

 

自分でのムダ毛処理もそうですが、脱毛サロンでも施術後に、
しっかりとスキンケアを行ってくれるお店もあります。

 

脱毛の施術時に特に痛みが無かったとしても、
肌は刺激を受けていますので、施術後はお肌の熱をとるためにクールダウンしたり、
念入りなスキンケアを行います。

脱毛器で人気のソイエですが……

家庭用の脱毛器を家電量販へ探しに行った際に、
必ずといってよいほど、見かけるのがソイエですよね。

 

みなさんも見かけたこと一度はあると思います。
人気なのは人気ですが、実際の使用感を聞いたことありますか?

 

しっかり毛を掴まれて、抜かれるので普通に痛いです。

 

せっかくお金を出して買ったからと痛いの我慢しながら、
根性で使い続けているような方もいます。

 

ただ無理して使い続けて、肌が荒れてしまったとか、
埋没毛が増えてしまったなどの意見も多いですので、
現在もソイエをお使いの方は、無理しないでくださいね。

 

ソイエは毛を抜くための脱毛器なので、
仕方ないといえば仕方ありませんがソイエよりも
優秀な脱毛器って他にあるの知ってますか?

 

ソイエはムダ毛の一時的な処理になりますが、
『減毛』につながる、根本的な脱毛ができる家庭用脱毛器もあります。

 

脱毛サロンで使われる脱毛機のように、
自宅にいながら、フラッシュ式の脱毛ができます。

 

フラッシュ式を採用した家庭用脱毛器は、自宅で脱毛サロンのような脱毛ができるため、
人気が高く多くの脱毛器が販売されています。

 

もちろん、脱毛サロンでの脱毛ほど出力は高くないですし効果も薄いですが、
それでも脱毛サロンの料金や通うことを考えれば、家庭用脱毛器を選ぶという方は多いようです。

 

ちなみにフラッシュ脱毛方式を採用している家庭用脱毛器の中でも、
人気なのがケノンという脱毛器です。照射面積も広く、コストパフォーマンスでは、
他の家庭用脱毛器を一歩も、二歩もリードしています。

痛い家庭用脱毛器を使い続けると……

痛い家庭用脱毛器の特徴といえば『ただ毛を掴んでひっこ抜くだけ』という、
脱毛器ではないでしょうか?

 

実際にひっこ抜く系の痛い脱毛器を使ってみると、
家庭用脱毛器を前に進ませるたびに『いたっ! 、いたっ!』と、
痛みの連打がしっかり続きます。

 

脱毛器によっては無理やりひっこ抜きますので、
脱毛した部分が赤くなるだけではなく、本当に血がでるような脱毛器もあります。

 

血が出るほどの痛みを感じながら、脱毛を続けると、
それは当然肌荒れの原因になります。

 

しかも、その脱毛による激痛は、一度では終わりではなく、
ムダ毛がまた伸びてきますからね。

 

その度に血が出るほどの激痛に耐えながら、脱毛器を使い続けますか?

 

家庭用脱毛器には、痛みが少なく、
減毛効果も狙える脱毛器があるのを知っていましたか?

 

脱毛サロンで使用される業務用のマシンと同じ、
フラッシュ式の家庭用脱毛器もあります。

 

フラッシュ脱毛の場合は、ムダ毛を『抜く』わけではないので、痛くはないです。

 

ムダ毛に対して強い光で刺激を与え減毛効果を狙い、
使い続けることで減毛が期待できますね。

 

痛みが少なく、減毛効果が狙える脱毛器、痛みが強く、減毛しない脱毛器、
同じ家庭用の脱毛器ですが、その効果、脱毛時の快適性において、
かなり差があるように思えます。

 

ちなみフラッシュ式を採用している家庭用脱毛器で、
人気ナンバー1と言われているのが、ケノンという脱毛器で、
照射面積が広く、痛みも少なく、コストパフォーマンスも高いです。

抜くだけの脱毛器はただただ痛いだけ?

ムダ毛をはさみ込んで抜くだけの機能しかない、
某人気脱毛器を買ってみましたが痛いのなの。

 

その脱毛器の痛みが、ちょっとした武器に思えてしまい、
男性の腕でも試してみましたが、『イタっ! 』を連呼してました(笑)。

 

と、抜くだけの脱毛器は笑えるほど痛く、
この痛みを我慢したところで、またムダ毛が生えてくるのかと思うと、
その某有名家庭用脱毛を投げ捨てたくなります。

 

脱毛時の痛み、肌が赤くなる(肌が刺激を受ける)、
そして根本的な脱毛の効果がない、ということを考えると、
抜くだけの脱毛器のメリットってなんなんでしょうかね。

 

ピンセットのように一本一本抜かなくても良い!
それくらいのメリットしかなのでは?

 

強引に毛を引っ張って抜くくらいなら、
シェーバーで剃った方が、まだ肌が荒れないし、良いですね。

 

某人気脱毛器を買った友人のほとんどが、
その脱毛器を使わなくなり、タンスの奥底に眠らせてあるそうです。

 

家庭用脱毛器選びの大きなポイントとしては、
まず痛くないこと、そしてただ抜くだけの脱毛器ではないことです。

 

家庭用脱毛器には脱毛サロンで使用されるフラッシュ式の
脱毛器もあります。もちろん脱毛サロンのマシンの出力よりは弱いですので、
脱毛効果はそれほど高くはありませんが。

 

それでもただムダ毛をの抜くのと違って、
ムダ毛に対して、フラッシュを照射しますので、減毛できるはずです。

 

抜くだけの脱毛器を使っている方は、
一度フラッシュ式の脱毛器に切り替えれば、脱毛のストレスもだいぶ軽減できます。

家庭用脱毛器の電気代って高いの?

家庭用脱毛器の電気代って高いの?

 

家庭用の脱毛器って日々使い続けていますが、
電気代はほぼ気にしなくて良いレベルです。

 

ただ家庭用脱毛器の場合、ソイエのように毛を抜くだけのタイプではなく、
フラッシュ式の脱毛器やレーザー式の脱毛器の場合は、
電気代以外も、専用のカートリッジを購入する必要があります。

 

カートリッジは電気代よりも高いです。
なので、重視すべきはカートリッジですね。

 

家庭用脱毛器によって、何発で交換するというのが決められていて、
その差はランニングコストを大きく左右してしまいます。

 

家庭用脱毛器は、ほぼ全身を脱毛するかのごとく使いますからね。

 

色々な部分を脱毛したいならできるだけ多くの照射が安くできる脱毛器がベストですね。

 

照射一発あたりのコストが安い家庭用脱毛器で一番なのは、
ケノンという脱毛器です。

 

一回の照射が安いだけではなく、
照射面積も広いですので、様々な部位を脱毛しても、持ちが良いです。

 

脱毛方式としてもフラッシュ脱毛なので、
痛みほとんどありませんので、ストレスなく脱毛を進めることができます。

 

ちなみに脱毛サロンに施術をうけに通った場合、
一部位の脱毛なら、安くすみますが、全身となると何十万円と費用がかかります。

 

しかも、契約した脱毛回数で納得できなければ、
その後も通う必要がありますので、いったいいくら払えば脱毛が終わるの?
というケースになってしまうことも少なくありません。

 

安く脱毛を終わらせるためにも、家庭用の脱毛器は有効です。
エステでの脱毛よりも脱毛効果は低いですが、根気良く脱毛を続けていきたいですね。

ソイエ パナソニックの脱毛器

 

家電量販店でよく見かける家庭用脱毛器のソイエ!

 

脱毛器の中ではかなり人気が高いようですが、
脱毛器としてはどうなんでしょうかね。

 

価格的にはお手頃ですし、良いのかもしれませんが、
大事なのは脱毛効果と、痛みがあるかないかの部分ですね。

 

私も友人にソイエを借りてみて使って見たことがりますが、
ちょっと痛みが強いですよね。

 

なんというか、ムリに毛を抜かれているというか。。。

 

肌が荒れてしまいそうで、
私は途中で使うのをやめて友人に返却しました。

 

そもそもソイエで脱毛しても、
またムダ毛って生えてきてしまうってしってました?

 

毛根に何かしてくれるわけではないので、
せっかく痛い思いをしてムダ毛を抜いたのに、
また生えてきちゃうんですね。。。

 

でも、家庭用脱毛器は何もソイエだけではありません。

 

最新の家庭用脱毛器は凄いですよ!

 

脱毛サロンの様に、ピカピカフラッシュ脱毛で、
ムダ毛を減らしていくことができます。

 

ソイエの様に抜くわけではありませんの痛みも少ないですし、
自宅の脱毛処理としては、かなり、レベルが高くなっています。

 

特に人気なのはケノンという脱毛器で、
ワキの脱毛をはじめ、腕、脚、おまけに顔まで、
全身脱毛をすることができます。

 

脱毛エステへ行くより、費用が安く済んでしまうかも!